白内障の有病率と症状

白内障の有病率

白内障の有病率(初期混濁も含む)白内障の有病率(程度2以上)
50歳代 37~54%50歳代 10~13%
60歳代 66~83%60歳代 26~33%
70歳代 84~97%70歳代 51~60%
80歳代 100%80歳以上 

白内障の有所見率はすべての人種で加齢に伴い増加する。

初期混濁は早い例では50歳代から発症し、中等度以上のある程度進行した白内障は70歳代で約半数、80歳以上では70~80%にみられる。女性は男性に比べて白内障の罹患率が高い。

白内障は水晶体が混濁する病気です。

白内障は老眼とまったく別です。しかしどんな日でも老眼になりますし、白内障になります。

「目の疲労」「ピントが合いづらい」などは、良く聞く症状ですが、白内障は老眼に紛れて悪化していくものです。

かすんで見える、まぶしいが最大の特徴です。

白内障の症状として、「かすんで見える」「まぶしい」といったことが挙げられます。

近視や遠視、乱視などと違うところは、網膜に焦点が合わずにぼやけるだけでなく、水晶体が濁ってしまうために見えにくくなるのです。

水晶体は、主にタンパク質と水でできており、そのタンパク質が加齢や紫外線の影響によってだんだんと変化して濁っていきます。

生まれてから若い頃までの水晶体というのは薄い黄色をしています。

生まれてから若い頃までの水晶体というのは、薄い黄色をしています。しかし年を経て徐々に濁りが進行することで、薄い黄色から濃い黄色へ、濃い黄色から褐色へと変化していきます。このようにタンパク質変性に伴って水晶体の色が変わることで、色の見え方も変わってきます。特に青系の色が見えにくくなるといわれています。

また、白内障になった場合の目の見え方というのは水晶体の濁りによっても異なるといわれています。

白内障の治療へ期待の目薬はこちらから